2010年04月21日

足利事件 栃木県警が検証結果を遺族に報告(産経新聞)

 菅家利和さん(63)の無罪が確定した「足利事件」で、栃木県警は20日、殺害された女児=当時(4)=の遺族に、当時の捜査の問題点などの検証結果を説明し、謝罪したことを明らかにした。

 県警によると8日午前、宇都宮市内の県警施設で女児の母親らと、県警刑事総務課長らが面会した。

 県警は、警察庁が取りまとめた検証結果の報告書をもとに、約1時間にわたって捜査上の問題点や再発防止策について説明。「真犯人を検挙することなく、公訴時効を迎えたことをおわびします」と謝罪したという。

 県警によると、謝罪を受けた遺族は「当時、一生懸命捜査してもらったが、結果としてはやむを得ない」と話したという。県警は「経緯や結果について了解いただいたと思っている」としている。

【関連記事】
新証拠5点すべて争点に 名張事件で弁護団方針
足利事件、菅家さんの選挙権が10年ぶり回復 
「反省に立ち再出発」 栃木県警、署長会議で
「初動捜査の進化を」足利再審無罪受け、警察庁長官がげき
菅家さん「精いっぱい生きていく」 足利事件シンポで
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

血友病、その現状と課題(医療介護CBニュース)
新築の住宅やビル、省エネ基準適合義務化へ(読売新聞)
「夢への階段」と歌手志望少女にわいせつ容疑 芸能プロ社長を逮捕(産経新聞)
“最後の大物仕手筋”公訴を棄却 大阪地検、脳梗塞で訴訟能力なし(産経新聞)
オートバイ突っ込み歩行者4人負傷 東京・赤羽(産経新聞)
posted by オオイズミ カズコ at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月19日

【from Editor】小さなエコを考える(産経新聞)

 人口約1900人。コンビニも信号もない長野県泰阜(やすおか)村の施設で1日、“入学式”が行われ、小学3年から中学3年までの子供8人が、この限界集落で約1年に及ぶ山村留学のスタートを切った。

 施設の名前は「暮らしの学校・だいだらぼっち」。「NPO法人 グリーンウッド自然体験教育センター」が運営する。8人は村の学校に通いながら、春は田植え、夏は草取り、秋は稲刈り…とコメ作りを実践する。これまで約350人の卒業生を送り出してきた。

 「子供たちは自分で薪(まき)を割って、五右衛門風呂を沸かしています」。先ごろ、そんな山村留学を平成5年から始めたグリーンウッド代表の梶さち子さんに話を伺う機会があった。グリーンウッドが受賞した「第13回地球倫理推進賞(国内部門)」(社団法人倫理研究所主催、産経新聞など後援)の贈呈式の席上だった。

 コメ作りを始めたきっかけについて、梶さんは「コメの自給率が低下して、一時期タイ米を食べなくてはならなくなってしまった。このままではいけないという危機感から、自分たちが食べる主食のコメを少しでもまかないたいという思いが強くなったからです」と話す。

 講師は、地元の人で、一緒に仕事しながら学ぶ。収穫の秋、子供たちは脱穀まで行い、新米を食べる。「子供たちは収穫の喜び、食の大切さ、自然のありがたさなど、多くのことを学びます。苦労して作ったコメを食べる瞬間、満面の笑みで行列を作り、競うように食べるんです」(梶さん)

 推進賞の国際部門は、「NPO法人 熱帯森林保護団体」が受賞した。アマゾンの熱帯林や先住民の保護活動をしている南研子(けんこ)代表が「ニワトリの餌にもなる大豆などを作るため、地球の酸素の多くを生み出している熱帯林がどんどん失われています。鶏肉や納豆を買う時は、原産地にも目を向けて、国産品を少しでも食べてほしい」と訴えていたのが印象的だった。

 おりしも、生活面では、コメや大豆などの自給率を高めるため、『ニッポンの食、がんばれ!』キャンペーンを断続的に展開中だ。紙面では、「国産」で「環境にやさしく」「安心な」食作りをしている人々の活動を伝えている。

 前出の南さんは納豆を買う際、多少値が張っても国産大豆を使用する品を購入しているという。地球温暖化への取り組みは、地産地消という小さな身の回りでできるところから始めたい。(文化部長 勅使川原豊)

「聖火ランナーのまねをしようと…」竹ぼうきに火を付けた少年ら逮捕(産経新聞)
徳之島案、県連に説明=官房長官(時事通信)
「無駄の排除が先」 鳩山首相、消費税増税に否定的(産経新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
「ショッピング」関連の人気サイトランキング(2010年02月)
posted by オオイズミ カズコ at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月08日

「厳しい状況、お互い頑張って」小沢氏に首相(読売新聞)

 鳩山首相は5日夕、民主党の小沢幹事長と3日に京都市内で行った会談について、「厳しい状況の中で、お互いに頑張っていこうという思いを共有した」と述べた。

 首相官邸で記者団の質問に答えた。会談は稲盛和夫・京セラ名誉会長が同社の施設に両氏を招いたもので、首相は「お招きをいただいた懇親会だから、あまり難しい話をしたわけではない」として、内容への詳しい言及を避けた。

高齢者の個人情報、区民に提供―中野区が孤独死問題で初の条例化へ(医療介護CBニュース)
ネットいじめにも対応、45年ぶり指導手引書(読売新聞)
島根女子大生遺棄から5カ月、県警新本部長「捜査難航…第二の犯行は絶対阻止」(産経新聞)
鳩山首相 農業者ら招きリアル鳩カフェ、「戸別補償やる」(毎日新聞)
政権交代後初の日医会長選、原中氏が勝利(医療介護CBニュース)
posted by オオイズミ カズコ at 02:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。